スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わり秋の始まり

バネッサとベノサバイオラシア。 どちらも終わりかけだけどようやく同時に開花。
ベノサバイオラシアとバネッサ

マリアコルネリアとビクターヒューゴ。 いつも同時に咲いてくれる。
マリアコルネリアとビクターヒューゴ

ハッピーダイアナとアラベラ。
ハッピーダイアナとアラベラ

蒸し暑い日でも紫系の花は涼し気でいい。
ビクターヒューゴ。
ビクターヒューゴ

ブラックプリンス。
ブラックプリンス

なんだかチンチクリンの状態で咲いてしまったユキオコシの二番花。
ユキオコシ

なぜか咲いたリンゴの花。 春に咲いた花は結実しなかったけれどこれは結実してほしい。
リンゴの花

リグラリアとユーパトリウムチョコレート。 リグラリアはいつもは真夏に咲くのだけれど今年は遅かった。 ユーパトリウムチョコレートが咲き始めると秋が近づいてきたような気がする。
リグラリアとユーパトリウム

猫に毎日齧られながらたくさん穂を出した紅狐。 秋の始まり。
紅狐の穂

スポンサーサイト

夏の庭

少し前に咲いたダリアの黒蝶。 切り戻す前に記念撮影。
ダリア 黒蝶

うどん粉がでてきたので切ってしまったミッドナイトムーン。
ダリア ミッドナイトムーン

クレマチスの2番花たち。

フォンドメモリーズ。
クレマチス フォンドメモリーズ

かほりの君
クレマチス かほりの君

ブラックプリンス
クレマチス ブラックプリンス

クリル。 
クレマチス クリル

ホーゲルビーピンク。
クレマチス ホーゲルビー

なぜか今頃つぼみをつけたリンゴ
リンゴの花

猫にかじられてもけなげに穂を出した紅狐
紅狐

夏のクレマチス

ベノサバイオラシアの二番花開花。
クレマチス ベノサバイオラシア

ようやくそれらしく咲いたロウグチ。
クレマチス ロウグチ

つぼみがついたかほりの君
クレマチス 香りの君

今年も咲かなかったサマースノー。 でも葉が綺麗だからいいか。
クレマチス サマースノー

庭の草花 夏から秋へ

春に咲いた後に少し剪定しておいたゲンペイシモツケが再び開花。
源平シモツケ

クレマチスの桃鈴も2番花。
クレマチス 桃鈴

クレマチス アラベラ
クレマチス アラベラ

今年はうどん粉対策のおかげで白くなっていないロウグチ。 でも開花した花がどれもチンチクリン。 今度のつぼみは綺麗に咲いて欲しい。
クレマチス ロウグチ

そろそろ切り戻しの時期のダリア。 花がついているのはミッドナイトムーンだけ。
ダリア ミッドナイトムーン

他のダリアはまだこれから開花。 ミッドナイトムーンの次に咲きそうなのは黒蝶。
ダリア 黒蝶

夏っぽい花を集めて植えた場所。 ジニア、エキナセア、ルドベキアetc…。 
ジニア ルドベキア エキナセア

抜いても抜いてもどこからからでてくるすでに雑草化しているユーパトリウム。 これが咲き始めると夏の始まり。 満開になると秋の始まり。
ユーパトリウム

吾亦紅も開花。 矮小性のものは普通のより少し開花が早い。 吾亦紅も秋の花のイメージ。
吾亦紅

秋といえばススキの穂も少しずつ出始めた。 まだ夏も始まったばかりだけれど植物は秋に向かって準備を始めているよう。
ススキ

他のグラスも穂がでたり種が付いたり。
パニカム ‘チョコラータ’ ワイルドオーツ

涼し気な色の夏の花

購入したときからずっと花を咲かせ続けているクレマチスのクリル。
クレマチス クリル

クリルよりも前から咲き続けているクレマチスチャイナパープル。
クレマチス チャイナパープル

その隣で咲いているクレマチス インテグリフォリア アルバ。 去年は1輪ずつしか咲かなかったけれど今年はそれなりに花が付いてる。
クレマチス インテグリフォリアアルバ

クレマチスユーリ。 数日前風がつよかった日に茎が折れてしまったけれどセロテープのおかげでなんとか開花。 
クレマチス ユーリ

数年前に種をまいて育ててエキノプスは今年も開花。 種から育てたものは丈夫な気がする。
エキノプス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。