スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジュガ レプタンス  (セイヨウキランソウ ) 成長

4月末に購入し、その際すでにつぼみがついていたアジュガ
その後あたしの植え方がわるかったせいで枯れかけたけど現在は復活してずいぶん大きくなっている。
株間が詰まりすぎなので植え替えたほうがいいのかもと思いつつジーと眺めているとなにやら見慣れないものを発見。

アジュガ 花芽

これって花芽? でもアジュガの開花時期って4~6月。今からじゃ真夏に咲くことに。しかも届いたときに花つけてたし…うーん、どうなってるんだろう。

そしてその横の抜いた雑草やら枯れた葉を捨ててある穴のところにこんなものも発見。

アジュガ?

たぶんアジュガよね? 5月に植え替えたときに枯れている葉を埋めた記憶はある。でもこんな風に生えてくるものなのかなー?とりあえず花壇の内側に移して成長を見守ることにする。





関連記事
スポンサーサイト

ゴデチアと矢車草

ゴールデンウィーク中に雑草とりをしているあたしに気づいた夫が珍しく手伝うと声をかけてくれたので家の北側の雑草とりをお願いした。ゴミ袋をとって戻ってくると夫がいない。ぐるーっと回ってみると西側の草をぬいている。

「北側を抜いてって言ったじゃ~んヽ(`Д´)ノ」と怒る私に「こっちの葉っぱのほうが抜きやすかったから」という夫。そりゃそうだ。そこは去年の11月にひそかにゴデチア、矢車草、カモミールの種を蒔いていた場所…。雑草じゃないもん…。

カモミールは雑草じゃないと気づいたらしく無事だったもののゴデチアと矢車草は壊滅状態。もう咲かないだろうと思っていたのだけどゴデチアは1本。矢車草は数本残っていたようだ。

ゴデチア

矢車草

抜きにくいところは抜かないという夫の大雑把さがよかったようで基礎に近い部分から生えていたものは無事だったよう(笑)
雑草と間違えられて抜かれた跡地にはコリアンダーを植えておいたのだけどこちらはいい感じで成長中。

コリアンダー

シード目当てで育てたのだけど思ったよりも発芽率がいいので夫がこの世で唯一嫌いな食べ物だという葉を採集してスープにでもいれてやろう(´∀`*)

関連記事

カラーリーフたち 成長

5月の終わりに地面が斜めになっていた場所をちょっとだけ改善し、その際に植えなおしたカラーリーフゾーン
すぐに泥が跳ねてバークチップをまいてみたり色々していたのだけどいまやバークチップなんて必要がなかったんじゃないかと思えるほど大きく育ち隙間なく密集している。

Before(5月24日 バークチップをまく前)
カラーリーフ

After(6月23日)
カラーリーフ

庭いじりをはじめたのが去年の秋からだったので今回はじめての夏。秋と違って夏の植物は想像していたよりも成長がはやい。植え替えたときは隙間が開きすぎて変かなと思っていたのだけど今の状態をみるともうちょっと間隔に余裕をもって植えるべきだった気もする。次回植えかえる際にはこのことを忘れないようにしよう。
関連記事

ブライダルベール (タヒチアンブライダルベール ) 手入れ

家の南側に植えたブライダルベールの成長の早さは相変わらずすごくて

5日前
ブライダルベール

今日
ブライダルベール 6月23日

目に見えてわかるスピードで周りを侵食していってる。ところが同じ時期に購入し東側の軒下に植えたブライダルベールは一向に大きくなる気配がなくちょこーんと小さいまま。なので日当たりのいい南側のニンジンボクの下に植え替えてみた。

ブライダルベール植え替え

上のと比べるともともと同じ大きさだったと思えない成長の違い(笑)
ここは擁壁のところなのでブロックの下のほうに伸びてくれるとかわいいかな~と垂れ下がるのを期待して割と隅に植えてみた。

ブライダルベール 高さ


関連記事

トウガラシ 成長

アブラムシにやられて筋しか残っていないのに実がなったあのトウガラシ

アブラムシ駆除後復活するのを夢見るもののなかなか成長せずにあきらめてほぼ放置だったのだけど、花が咲いてました。葉も一時期に比べたらずいぶん増えてトウガラシらしい形にもどってきた。メキシコ原産なだけあって暑くなってきて元気復活?

トウガラシ 花

今度はアブラムシまみれになんて絶対にしないからこのままがんばって大きくなってほしい。


関連記事

ペチュニア  サフィニアブーケ キューティブルー 成長

ちょうど10日前の6/13に丸刈りにしたサフィニアブーケ。

真ん中の湿気でハゲてきていた部分にかわいい葉が増えてきた。

サフィニアブーケ 葉

この葉を大事にそだてていけば満開になったときにてっぺん薄い…なんて事態が避けられるはず。
でも周りの葉の成長は早くて全体像はすでにてんっぺん薄い状態…。

サフィニアブーケ 葉

中心部の葉が大きく育ってくるまで周囲は刈り込んでおいたほうがいいんだろうか?迷うな~。
関連記事
関連記事

ブライダルベール (タヒチアンブライダルベール ) 成長

成長…というよりも巨大化という言葉のほうがしっくりくる。
前回の成長記録時点でもかなり大きくなっていたのにここ10日ほどでさらに倍くらいに広がっている。

植えている場所を変えたほうがよさそうだ。このままだと花壇全部ブライダルベールに侵食されてしまう(笑)
かわいかった頃から順番に

ブライダルベール

ブライダルベール 匍匐

ブライダルベール 6月

↑と↓のブロックとの距離に注目。この間ぴったり2週間。

ブライダルベール

すでに隣のロベリア地帯が侵食されはじめてる。這性の植物だし擁壁のところに植えて垂らすほうがかわいいかもしれない?


関連記事

セダム コーラルカーペット 成長

何もしなくても勝手に増えているセダム
丈夫で手間いらずでいうことなし!とおもっていたらなんだかやたら植えにヒョロヒョロと伸びてきている。
近づいてよく見てみると花芽が出てる!!

セダム 花芽

こんなに何もせずにいて花まで咲かせるのかー。最高だね。
どんな花が咲くんだろう?

関連記事
関連記事

栄養系コリウス 成長

5月の終わりにピートポットごと地植えにした挿し芽のときめきリンダ

ときめきリンダ 挿し木地植え


それほど大きくなってる気がしていなかったのだけど今日そのときの写真と見比べてみたら結構大きく育ってる。毎日みてると成長に気づかなかったりするのね。

ときめきリンダ

植えたときはあまりときめいている感じじゃないけれど今はピンク色が濃くなってきてまさにときめきリンダって雰囲気になってきた。そして隣にあるアジュガの色も大分かわってきてるね。

関連記事

キュウリグサ?

キュウリグサ


5月のはじめに花をつけた。もうちょっと離れたところに蒔いた勿忘草が育っていたのかとおもったのだけど少し花が小さい。どうやらキュウリグサという植物らしい。

勿忘草は結局発芽しなかったみたい。かわりにこれを見て楽しんでおいた。
葉をもむとキュウリみたいなにおいがするからキュウリグサなんだって。わすれなぐさとよく似ているのにずいぶんイメージの違う名前をつけられちゃってるのね。
関連記事

ナガミヒナゲシ

ナガミヒナゲシ


ここ数年やたらとみかけるようになったオレンジのあの花。
去年は家の周りには全くなかったはずなのに今年はコンクリートブロックの隙間にびっしりと生えている。
放置しておくと大変なことになりそうだったので花が咲く前に根こそぎ抜いたつもりだったのにまたしばらくするとあちらこちらからぴろ~んとつぼみが顔をだす。大きいのから小さいのまですぐにつぼみをつけて気を抜いていると開花して種を散らしてる。繁殖力がすごい。たぶん来年はこの倍以上のペースで増える予感。

wikiをみると

-------------引用ここから---------------------

ひとつの芥子坊主から1000~2000の種子(ケシ粒)をばら撒いてしまうために爆発的な繁殖力を示す場合があり、地場の他の草花を駆逐してしまう可能性がある。

-------------引用ここまで---------------------

と恐ろしいことが書いてある。最初はかわいいと思ってみていたのだけどだんだん憎たらしく思えてくる繁殖力だわ。

関連記事

マツバウンラン

雑草を抜いたはずの地面にゴールデンウィーク頃にひょろ~~っと生えてきた植物。
最初はセージの仲間かと思ったのだけどロベリアにも似ていると友人。

マツバウンラン


調べてみるとマツバウンランという帰化植物と判明。
去年はみかけなかったのは背の高い雑草が生い茂っていたせいかも。今年はまめに雑草とりをしていたせいでこの植物が成長するのにちょうといい環境になったのだろうか?


検索してみると群生している写真が割りと多い。かなり好みの見た目。なので来年は群生さえてみようかとたくらんでいる。駆除が大変だったらどうしよう。
関連記事

ニワゼキショウ(庭石菖)

ニワゼキショウ

5月のはじめに駐車場のコンクリートの隙間から生えていたニワゼキショウ
小さなアヤメみたいとおもって調べてみるとアヤメ科。名前からして庭石菖だしね(笑)
とても可憐な花なので庭の隅に植え替えて観察。花は1日でしぼんでしまうのだけど次々と花をつけ6月中旬まで花を堪能することができた。
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。