FC2ブログ
2018/10/31

犯人は誰?!

秋の庭にはお客さんがたくさん。 おなかをすかせた虫や鳥が食事にありつこうと訪れる。
昨日の朝…本葉が4~5枚になりずいぶん大きくなっていたフロックスクリームブリュレの種蒔き苗が無残な姿になっているのを発見。
_DSC8301.jpg

そして今朝も…。 今度は葉は残っていたものの茎からぶっつりと切られてしまっている。
_DSC8318.jpg

容疑者はネキリムシ・ヨトウムシとヒヨドリ。 ダメになったポットの中を探ってみたけれどネキリやヨトウムシなどは見当たらず。 外部からの侵入も考えられるがこのポットはトレーのど真ん中。 手前にも同じくらい育っている苗があることを考えるとわざわざここまでくる理由もない。 となると最有力容疑者はヒヨドリ。 ってなわけでヒヨドリが入りにくいラックに移動してついでにハンギングバスケットをひっくり返してかぶせておいた。
_DSC8338.jpg
これで被害がなければ犯人はヒヨドリ確定!


関連記事
スポンサーサイト
2018/10/25

秋の多肉

枯れ葉がいい感じに見えてくる秋はグラスが美しくなってくる季節。 うちのグラスはあちこち刈り込まれてしまっているので100%の美しさではないものの、秋の柔らかな日差しとグラスはなかなか相性がよいと思う。
_DSC8133.jpg

そして秋は多肉も美しい季節。
ドラゴンズブラッド。 なんとも中二心をそそるネーミング。 そそられるのは名前だけではなく色も。
_DSC8138.jpg

つやつや感がたまらないレッドベリー。
_DSC8143.jpg

そろそろ刈り込んだほうがよいクラッスラ 星の王子。 今とても綺麗なので刈り込むのはもう少し待ってからといつも刈り込むタイミングを逃してしまっている気が…。
_DSC8145.jpg

ハオルチア万象の花がついに開き始めた。
_DSC8165.jpg

思ったよりも大人しめの花のアップ。
_DSC8167.jpg

花といえば…多肉ではないけれどバーバスカムが5月くらいからさすがに夏以降は細々とだったけれどずーっと咲いている。 こんなに咲き続けると来年いきなり枯れるような気がしてしまう…。
_DSC8137.jpg
関連記事
2018/10/22

小屋のバージョンアップ

園芸道具があちらこちらに散らばり作業効率が良くないのと、小屋の中が手狭になってきたので…
_DSC8005.jpg

外側に屋根をつけて園芸道具を一か所にまとめてみた。 つけたといっても作業したのは夫だけれど。
_DSC8061.jpg
屋根がたわんでいるのが少し気になるけれどいい感じ♪
関連記事
2018/10/18

行き詰まった時の秘策

ずっと迷走しているこの場所。 東西南の3方向から遮るものがなく日差しが降り注ぎ常に乾燥気味。 しかも風の吹き溜まり。
何を植えてもイマイチで、たまにいい感じで育ったと思ったら風になぎ倒されるこの場所(写真の右2/3)。
姫リンゴの木の下からクレマチスが覗くような光景をイメージして植栽したものの、姫リンゴは全く伸びず…今年は伐採してやる!!と思っていたら1つだけついた実が驚くほどおいしかったので伐採は延期。
_DSC7946.jpg

毎年葉だけはいい感じででてくるものの花はほとんど付けないエキナセアを処分しようと思っていたら、なぜか今頃やる気を出す。
_DSC7947.jpg

バプティシアを植えようと思い開けていた場所にはリシマキアが芽を出す。
_DSC7949.jpg
ルドベキアサハラは色が気に入ったほうだけ残そうとおもったら色が気に入ったほうは瀕死で、そうでもなかったほうは大株に…

何もかも予定通りにいかないこの場所。結局どうしようと考えてもよい考えが浮かばず。
こんな時には掃除に限る!と枯れ葉を拾い、雑草を抜き、傷んだ葉や枝を切って土をふるって…とあれこれしているうちに自然とあれはこちらにこれはあそこに…とおさまり先が決まってこんな状態。
_DSC7950.jpg
ほとんど変わっていないように見えて、実はかなりあれこれと移動し追加した。 行き詰まったときには掃除に限る。
関連記事
2018/10/16

春に向けての植栽

9月の終わりからつくっていたレイズドベッドがほぼ完成。
_DSC7874.jpg
あとは育苗中のものが育ったら植え、蒔いた種が発芽するのを待つばかり。 春が楽しみ。

ここ2年くらい調子が悪く、枝がでても夏が過ぎるころには葉がちょぼちょぼの枝だけの状態になっていた木立性クレマチスはレイズドベッドに移動したとたんモリモリと葉がでてきた。
_DSC7851.jpg
30cm以上の上げ底はかなり効果がある模様♪
関連記事