2017/03/08

春の不審者

暖かくなってきてミツバチの活動も活発になってきた。
ローズマリーと蜂

庭の枯葉をよけると緑がチラホラ。 
気が付かないうちに出ていたワレモコウの新葉。 
ワレモコウの葉

こぼれ種で増えていたアネモネバージニアナ。  日陰にあったものを半日陰に移しておいたらいつの間にか大きく青々としていた。
アネモネバージニアナの葉

冬の間に発芽したシクラメンコウムも毎年庭あちこちに点在している。 でも花壇からでてきたためしがない!  
シクラメンコウムの芽

この時期地面からでてくる新芽が愛おしく、つい地面にはいつくばって写真をとってしまう。 雑草ですら愛おしいと思うのは1年でこの季節だけ。  多くのガーデナーがあちこちで同じことをしているはず。 でも知らない人がみたら間違いなく不審者。 春に多発する不審者の何割かはただの新芽が愛おしい人たちなのではないかと思う。

地面から目をあげると空にも春。
青空に向かって咲く椿
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント