2017/07/28

庭の草花 夏から秋へ

春に咲いた後に少し剪定しておいたゲンペイシモツケが再び開花。
源平シモツケ

クレマチスの桃鈴も2番花。
クレマチス 桃鈴

クレマチス アラベラ
クレマチス アラベラ

今年はうどん粉対策のおかげで白くなっていないロウグチ。 でも開花した花がどれもチンチクリン。 今度のつぼみは綺麗に咲いて欲しい。
クレマチス ロウグチ

そろそろ切り戻しの時期のダリア。 花がついているのはミッドナイトムーンだけ。
ダリア ミッドナイトムーン

他のダリアはまだこれから開花。 ミッドナイトムーンの次に咲きそうなのは黒蝶。
ダリア 黒蝶

夏っぽい花を集めて植えた場所。 ジニア、エキナセア、ルドベキアetc…。 
ジニア ルドベキア エキナセア

抜いても抜いてもどこからからでてくるすでに雑草化しているユーパトリウム。 これが咲き始めると夏の始まり。 満開になると秋の始まり。
ユーパトリウム

吾亦紅も開花。 矮小性のものは普通のより少し開花が早い。 吾亦紅も秋の花のイメージ。
吾亦紅

秋といえばススキの穂も少しずつ出始めた。 まだ夏も始まったばかりだけれど植物は秋に向かって準備を始めているよう。
ススキ

他のグラスも穂がでたり種が付いたり。
パニカム ‘チョコラータ’ ワイルドオーツ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント